福士蒼汰が英語を話せる秘密がヤバい!英語力は単語力?勉強法が凄い!

俳優
Pocket

イケメン俳優でもあり英語がなぜかできる俳優・福士蒼汰さん。

 

イケメンぶりは見れば一目瞭然ですが英語に関しては、なぜできるのか謎です。

 

そんな福士蒼汰さんには中学時代に、ある隠された秘密がありました。

 

その隠された秘密を暴露します!

 

そして英語勉強法や英語力の秘訣に迫ります。

スポンサーリンク

福士蒼汰が英語を話せる秘密がヤバい!

若くして英語が堪能な福士蒼汰さん。

 

一体なぜ?

海外移住していた?
長い期間、留学していた?
小さい頃から英才教育を受けていた?

これらは全部ハズレです。

 

では、なぜ英語ができるのか?

 

結論から言って、

 

英語に目覚めたからです。

 

フカ子
フカ子

どうゆうこと?

 

実は福士蒼汰さんは中学時代に英語の先生に、

発音が良いね!

このように褒められたそうです。

 

しかし、それまで英語に特に興味のない…

 

ましてや英語の発音が良くなるような努力などしたことがないにもかかわらず意外な褒め方をされたことで一気に興味関心が湧いたそう。

 

フカ子
フカ子

これは恋愛にも似ているとこがあるね

 

中学時代に特に意識したことのない子から、いきなり告白されたら、なんだか興味が湧いてくる…みたいな?

 

フカ子
フカ子

そうそう、きっとこれに似たような想いだったんんだろうね

 

そして、この英語の先生からの褒めの一言で福士蒼汰さんは英語に愛着を持つようになります。

 

まるで、それまでの英語の向き合い方とは打って変わって英語の授業はちゃんと聞くようになったとか。

 

それからというもの、

 

英語の勉強を積極的に開始し高校2年生の時には1度は不合格したものの2度目のチャレンジで英検2級に合格します。

 

この英検2級のレベルは高校2年生が合格するにはやや難易度が高いと言われています。

 

なので、これに合格したことである意味、英語に自信がついたということですね。

 

つまり福士蒼汰さんが英語ができるのはなぜか?

それは中学時代に以外にも英語の先生に発音を褒められ、それを機に英語が好きになり、ついには高校2年生で英検2級に合格するまでの英語の土台つくりを行っていたから。

 

それはまるで、

恋愛を思わせるような必然の巡りあわせから急に英語を意識するようになってしまったから
ここに根本的な秘密が隠されていました。

福士蒼汰の英語力や勉強法とは?

今でこそ英語がペラペラな福士蒼汰さん。

 

そこに至るまで、どんな英語の勉強をしていたのでしょうか。

 

結論から言って、

ひたすら単語を覚える!

だそうです。

 

福士蒼汰さんが言うには、そもそも単語が分からなかったら始まらないそう。

 

つまり知っている英単語が不十分だと勉強するにも不必要なストレスがかかるということでしょうね。

 

なので英単語に関しては高校生の時から通学中に覚えるのを毎日の日課にしていたそう。

 

満員電車の中で何やらブツブツと口に出して覚えていただけに周りからは、それこそ変質者の目で見られていたかもしれませんね。

 

にゃん吉
にゃん吉

変質者にしては、えらいイケメンだにゃ~

 

まぁこういった泥臭い、いかにも単純な勉強をおろそかにしてはいけないといった1つの教訓でもありシンプルな秘訣ですね。

 

そして、これに関し英会話教育家でもある奈良橋陽子さんは

単語のセンスがすごくいい

と福士蒼汰さんの英語力について指摘しているだけに、

 

さすが単語ありき!ですね。



福士蒼汰の英語スピーチに込められた思い

2014年11月15日公開映画「神様の言うとおり」が第9回ローマ国際映画祭のコンペティション部門(ガラ部門)に出品され、その時の公式記者会見で英語スピーチを披露しました。

 

その時の英語スピーチで意識したポイントは以下の3つだそうです。

・感情を込めて話す
・伝えたいことを意識して話す
・淡々と話すのではなく抑揚をつけて話す

さすがは俳優さんですね。

 

英語力は表現力!

 

とでもいうかのように説得力があります。

 

また、そういった想いは本物のようで将来的には海外で活躍できる俳優になることを目標にしているそう。

 

なんでも

世界に和を届けられる俳優になりたい

このようにコメントしているだけに、きっと福士蒼汰さんであれば、それにふさわしい俳優さんになるに違いないでしょう。

福士蒼汰は実は発音が悪く英会話が下手?

英語ペラペラな福士蒼汰さんですが、実はこのような否定的な意見も結構あります。

 

これに関してネイティブのリアルな声を聞いてみましょう。

 

・ネイティブの意見その1

自分はアメリカ人で、今youtubeみたけど、
何言ってるかわかんないよ
ってか、なんでネイティブだって思うんだ?

一番の問題点は、ストレスを置く場所がおかしい
日本語でいう、イントネーションってやつ
もう一つの問題は、scrunched togetherしすぎてる
つまり、言葉と言葉の間隔を詰めすぎて、何言ってるかわかんないってこと

YAHOO!知恵袋 

・ネイティブの意見その2

多分下手ではないと思いますが、聞き手に親切じゃない感じを受けます。

アクセントは少しあり、巻き舌(?)が強いような感じですが、何よりも無理に早口にしているので字幕なしでは何を言っているのかあまり分りません。

YAHOO!知恵袋 

・ネイティブの意見その3

彼の英語はなんだか無理にネイティヴに近づけようとして逆に聞き取りにくい発音になっている気が。アクセントは強いし、なんか口ごもった感じがします。

ネイティブの友人曰く、「なに言ってるかよくわからない。もっとゆっくりしゃべって」だそうです。

YAHOO!知恵袋 

このような感じですが、ここで共通していること、それは、

早口で何を言ってるのかわからない

これに集約されますね。

 

ただ、

ゆっくり過ぎて何を言っているのかわからない

ということであれば分かりますが早すぎて分からないというのは、ある意味すごいですよね。

 

なぜなら早口で話す方が断然、難しいからです。

 

と、いうことでネイティブもついていけないほどのスピード感に良し!としましょうw

 

例えばギターをゆっくり弾くのは簡単ですが速弾きとなると難しいです。

 

ちょっと例えが極端かもしれませんが日本語で話すにしても、ゆっくり話す方が簡単なのは言うまでもありませんよね。

 

なので英語で早く話し過ぎるのであれば、ゆっくり話すことを心がければいいだけの話しです。

 

フカ子
フカ子

頭の回転が、そもそも速いのかもね

 

どちらにしても福士蒼汰さんの英語力は実に素晴らしいということに結論付けられますね。

俳優
スポンサーリンク
fuka-topiをフォローする
スポンサーリンク
フカトピ

コメント