麻生久美子の旦那は1歳年上のスタイリスト!経歴や馴れ初め&子供の教育は?

女優
Pocket

元々は歌手を目指していたものの演技力の凄さと事務所の関係で女優の道へ華麗な方向転換を図った麻生久美子さん。

 

2019年には連続ドラマ「帰ってきた時効警察」が12年ぶりに放送され、その中で歌っていた姿が、さすが歌手志望だけあって個性的な歌声がリアルに素敵でした。

 

そんな麻生久美子ですが既に結婚して10年以上経ちます。

 

いまでも夫婦円満で誰もが羨むおしどり夫婦と言われているだけに旦那さんは一体どうゆう人なのでしょうか。

 

徹底調査の末…

 

結論から言って、

やはり麻生久美子さんの旦那さんだけあって、とても素敵な方で、しかも有名なスタイリストさんでした

そして担当している芸能人の名前がビッグすぎて、これまたビッグリでした。

 

そんな麻生久美子さんの旦那さんの経歴や2人の馴れ初め、結婚後の夫婦仲や子供を中心にスタイリッシュな感じにまとめました。

スポンサーリンク

麻生久美子の旦那は1歳年上のスタイリスト!

麻生久美子さんの旦那さんの名前は伊賀大介さん。

 

年齢は麻生久美子さんの1つ年上です。

・伊賀大介さんの誕生日1977年2月22日
・麻生久美子さんの誕生日1978年6月17日

職業はスタイリスト。

 

身長172cmでスラっとした体形で顔も爽やかな感じで非常に好感の持てるイケメンです。

フカ子
フカ子

確かにスタイリストって感じの雰囲気あるね

 

また男男しているよりも、どっちかというと中性的な雰囲気もありますよね。

 

にゃん吉
にゃん吉

中性的なモデル風スタイリストって感じにゃ~

 

フカ子
フカ子

でも、そもそもスタイリストに向いている人って、どんな人なのかなぁ?

 

スタイリストといえば、

美についての見識やセンスそして、いかに人の隠された魅力を引き出すか…

こう言った職業であるが故、

人の気持ちへの理解や機敏さにも造詣が深い人が多いと聞きます

また、それと同時に、

図太い強い意志も持ち合わせていないと続けていくのは困難なようで憧れの職業ではあるものの辞めていく人も多い職業のようです

 

伊賀大介さん自身、

負けないものへ、こだわりぬく

といったポリシーを持っているだけにスタイリストとしての確固たる使命感みたいなものも同時に兼ね備えているのでしょう。

 

フカ子
フカ子

それだけにスタイリストとしての思いは本物なんだね

伊賀大介のスタイリストとしての経歴は?

それでは伊賀大介さんのスタイリストとしての経歴を見ていきましょう。


当時22歳という若さで独立しスタイリストとして本格的に活動を始めた伊賀大介さん。

 

主な活動は、あの有名雑誌「メンズNON-NO」や「smart」などのファッション雑誌に登場する男性モデルのスタイリング。

 

そしてCMや広告関連等にも着手。

 

また小泉今日子さんや椎名林檎さんといった大物女優や大物アーティストなどのスタイリングも担当しているだけにスタイリストとしての高い地位が窺えます。

 

フカ子
フカ子

確かにビッグネーム

 

また、その他にも、

映画や舞台、アニメ界等でも幅広く活躍されているだけにスタイリストとしての実力や評判は折り紙付きでしょう。

 

しかし今でこそ名前の知れ渡った伊賀大介さんですが下積み時代はとても苦労されたそう。

 

22歳でスタイリストとして本格的にスタートするまで伊賀大介さんは服飾系の専門学校に通っていました。

 

しかし、あまり授業に興味が持てなかったみたいで授業中も上の空。

 

そんな伊賀大介さんのやる気のない態度を見かねた教師からキツイお叱りを受け、それと同時にスタイリストの熊谷隆志さんを紹介されます。

 

その出会いが、まさに伊賀大介さんのスタイリストへの情熱に火をつけることになったんですね。

 

その結果…

 

学校にはいい意味で見切りをつけて早々と中退。

熊谷隆志に弟子入り

そして、その流れで熊谷隆志さんに弟子入りをするんですね。

熊谷隆志氏の画像

この3年~4年の下積み時代は伊賀大介さん自身、本当に辛かったと語っています。

 

月々1万円のお小遣いで、しかも休みもトータルで4日くらいしかなかったそう。

 

そして見た目や格好などにも、よく指摘を受けていたみたいです。

 

なんでも、

モヒカンにしろ!
メイクしろ!

など、

スタイリストとしての好奇心や着眼点を、もっと普段から意識しろ!

このようなご指摘や無茶ぶりが色々と考えるきっかけを創ってくれたのでしょう。

 

伊賀大介さん自身、

このようなアドバイスやハードな毎日の中で非常に為になる経験ができたことが、その後のスタイリストとしての飛躍の道へと繋がったと後に語っています
フカ子
フカ子

実際にモヒカンにはしなかったの?

 

その辺は、しっかりアドバイスとして心に留めながらも完全にスルーでしょうね。

 

にゃん吉
にゃん吉

聞いてるようで聞いてないスタイリッシュさも時には必要にゃ~

 

きっと、

何でもかんでも鵜呑みにするな!

っていう事も同時に学んだんでしょうね♪



麻生久美子と旦那の馴れ初め


2人の馴れ初めですが、

2004年12月16日発売、麻生久美子さんの写真集「いろいろないろ」の撮影でのスタイリングを担当したのが伊賀大介さんだったんですね。

 

つまり、この出会いがきっかけとなって2人は交際に発展します。

 

当時26歳の麻生久美子さんのスタイリングを担当した旦那さんは、どういった心境だったんでしょうね。

 

フカ子
フカ子

きっと胸がトキメキすぎて仕事どころではなかったかもね

結婚後の夫婦仲は?

その後、2人は約3年間の交際を経て2007年12月28日に結婚します。

 

当時、

・麻生久美子さん29歳
・伊賀大介さん30歳

そして結婚した後も2人は一緒に仕事をしてきているだけに、その夫婦円満ぶりが仕事を通して垣間見れます。

 

特に2011年に公開された映画「モテキ」では麻生久美子さんの演じる役柄について伊賀大介さんは積極的に自分の意見を言うなど熱心に語っていたそう。

 

そのような態度が夫婦仲の円満さや夫婦の絆を物語っていますね。

 

また、仕事面においてだけでなく伊賀大介さんは家庭においても非常に協力的で、料理や洗濯なんかも自ら率先してするそうです。

 

フカ子
フカ子

共働きなだけに相手を労わる気持ちの表れだね

 

このような夫婦仲は結婚して10年以上も続いているだけに、お互いがお互いの立場を尊重し理解している証拠でしょう。

 

フカ子
フカ子

そんな2人に子供はいるの?

子供は二人!名前や画像、子供の教育は?


麻生久美子さんと旦那さんの間には2人の子供がいます。

・2012年5月7日に女の子誕生
・2016年11月15日に男の子誕生

家族構成としては、伊賀大介さん、麻生久美子さん、長女、長男の4人家族です。

 

ただ名前や顔画像などは今のところ非公開となっています。

 

また子供たちの教育には早い段階からしっかりするべきという方針から小学生の娘には英語教育を取り入れているそう。

 

なんでも麻生久美子さん自身、将来は海外に住みたいといった思いや娘と一緒に留学したいといった気持ちがあるみたいです。

 

フカ子
フカ子

確かに自分が英語を話せなくても子供が話せるとなったら何かとアテンドしてくれそうだね

子育てのスタイリングもさすが!

子育てにおいて最も大切なことは、

嘘をつかないこと

このように麻生久美子さんは語っています。

 

確かに子供だからと言って簡単に大人の都合で嘘をついても子供には、ちゃ~んとお見通しだったりします。

 

なので、どんなことでも子供たちから聞かれたことは嘘は付かずに、ちゃんと答えるようにしているそう。

 

フカ子
フカ子

信頼されてナンボの親だもんね

 

他にも愛情表現の1つであるスキンシップも大事にしているだけに、

言葉だけでは伝わらない何か

を感じ取る力を養ってほしいという思いがあるのでしょう。

 

また、そういった感性を大事にしているのは旦那さんも同じみたいですね。

 

なんでも長女はアイドルグループ欅坂46の大ファンだとか。

 

そんな長女のライブに行きたいという気持ちを否定せず、伊賀大介さんも一緒になってライブツアーに積極的に出掛けているそうです。

 

なので教育熱心と言っても決して学業に限定したものではなく、こういった遊びや趣味から学ぶという事も重視されているのでしょう。

 

フカ子
フカ子

子育てのスタイリングもさすがだね

 

にゃん吉
にゃん吉

さすが感性がモノをいう世界に生きているだけのことはあるにゃ~

子供達の通っている学校は?

子供達が通っているでだろう小学校や幼稚園に関しては一切公表されていないのでわかりません。

 

噂では、芸能人が多く通うセレブご用達の学校に通わせていると言われていたり、また一方ではインターナショナルスクールに通わせているといった噂もちらほらあります。

ただ麻生久美子さんは娘には、

英会話を習わせている

とコメントしているだけにインターナショナルスクールは違うと思いますね。

 

フカ子
フカ子

有名私立に通わせながら、あくまで習い事として英会話のレッスンを受けさせているっぽいね

まとめ

結婚して10年以上経った今でも夫婦円満な理由が、なんだかわかるような気がしますね。

 

その秘訣はきっと、お互いがお互いの立場を理解し尊重し合う事、これに尽きるのかもしれません。

 

また、それだけにスタイリストという職業が思っていた以上に魅力的にもみえました。

 

にゃん吉
にゃん吉

スタイリストに憧れる人が多いのも、なんだか納得にゃ~

 

そして子育てに関しても、その教育方針にはとても共感しました。

 

お互いの教育への考えにズレがあると、それが原因で喧嘩にもなりがちですが、その辺りもクリアされていて、しかも旦那さんは家事に協力的というのは子供達にとっても何かと説得力が持てますよね。

 

フカ子
フカ子

旦那さんの求めるスタイリッシュな生き方が仕事や家庭、子育てを通して垣間見れたね

コメント