大沢たかおの英語の発音にネイティブの厳しいコメントやファンの声がヤバい!

俳優
Pocket

50歳を超えて、ますます男前に拍車がかかり世界でも通用する英語を活かして大活躍されている俳優の大沢たかおさん。

 

英語で表現することにおいて命ともいえる発音とは一体、どれほどのものなのでしょうか。

 

ネイティブのコメントやファンの声を中心に、その真相を解き明かしたいと思います。

 

また独自の英語勉強法や英語での経歴、そして今でも英会話を習っているという勤勉さについても詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

英会話に慣れていた!大沢たかおの英語の発音は?

基本的に大沢たかおさんは英語が上手で、しかも発音も日本語なまりがなくて、かなり良いと言われています。

 

これは本当なのでしょうか。

 

その理由として大沢さんは…

かなりの旅好きとして知られていて仕事がオフの時は2.3か月くらいは普通に海外で過ごすことが多いみたいです

また大沢さんは元々、大学時代からモデルの仕事をしていてパリコレなどにも出演されていました。


なので当時から、海外に行くことや外国人と英会話することには慣れていたみたいです。

 

そういったことからも、一時期ロンドンに住んでいたこともあって今では通訳なしで直に英語でのやり取りができるのでしょう。

 

フカ子
フカ子

そんな大沢たかおさんだけに英語の発音が良いことが認められるのは当然と言えば当然だね

 

そして、それが功を奏して、あのラストサムライでトムクルーズと共演を果たした渡辺謙さんと一緒にミュージカル「王様と私」を通してイギリスのウエストサイドで公演しています。

が、しかし…

実はネイティブから言わせると、この大沢たかおさんの英語はかなり微妙とのこと

 

フカ子
フカ子

どのように微妙なの?

ネイティブの厳しいコメントとは?

それに関してはネイティブでもあり日本語達者でもあるKY先輩が先ほどのウエストサイドでの講演の試写会を通して、その英語力について語っています。

 

KY先輩による大沢たかおさんの英語について

それによると、

英語で質問されたら一応、それについて答えることは出来るが、しかしカタカナ英語から抜け出せていない所が残念

だそうです。

 

そして、それは

アジア人としてジャパニーズパーソンを演じていることが関係していて、しょうがない部分もある

と述べています。

 

そのため以下のような特徴があるみたいです。

・聞き取りにくい
・ジャパニーズイングリッシュが出すぎ
・なまりが強い
・文法が、あやふや

総合的に見て、

大沢たかおさんには、もう少し英語を頑張ってほしい
そうです。
にゃん吉
にゃん吉

ネイティブらしい厳しいコメントにゃ~

 

フカ子
フカ子

YOU TUBEで拝見したけどとても流暢な英語で凄い!って思ったけどね

 

賛否両論ありそうですが、ではファンは大沢さんの英語について、どのように思っているのかリアルな声を聞いて見ましょう。

ファンの声にネガティブな意見なし?

それでは大沢たかおさんの英語についてファンのリアルな声を覗いてみましょう。

フカ子
フカ子

ファンは細かいことはどうでも良く、とにかく英語を流暢に話す大沢さんの姿に感銘と敬意を表している感じだね

 

大沢さんの英語にネガティブで否定的な意見を述べているファンは見当たりませんでした

 

にゃん吉
にゃん吉

そんな大沢さんは、そもそも英語をどのように勉強したのか知りたいにゃ~

 

では大沢たかおさんならではな英語の勉強法について詳しく見ていきましょう。

英語勉強法は現地で暮らすこと?

結論から言って、

英語圏で実際に生活する

これです。

 

なんでも大沢さんは大の旅行好きだそうで、しかも観光ではなく普通に現地で暮らすことに重きを置いているのだそう。

 

そういったことからも現地で暮らすためには、いやでも英語で話さなくてはなりません。

 

なぜなら、そこで普通に暮らせるようになるには、その環境に馴染む必要があります。

そのための英語ができる自分つくりを積極的にすることが、まるで俳優として何かの役に徹する訓練に通じるモノがあるだけに説得力があります

以前にも大沢さんは、このようなことを言っていました。

旅行が好きと言うよりも生活基盤を伴う滞在が良い
フカ子
フカ子

それだけ地についた英語に、こだわりがあるのかもね




大沢たかおは今でも英会話を習っていた!

なんと、そんな実践を重んじる大沢たかおさんですが、それとは別に週2回程、実際にお金を払って英会話を習っているそうです。

 

その理由として大沢さんは、どれだけ現地で英会話をしていても日本に帰ってきて日本語オンリーになってしまうと、やはり忘れてしまうそう。

 

そのために英語の感覚を忘れないよう週2回の英会話レッスンを日本国内で英語教師から直接、学んでいるそうです。

 

フカ子
フカ子

ここまで英語に執着しているということは大沢さんにとって英語はなくてはならない第2の故郷のようなものかもね

大沢たかおの英語に関する経歴が凄い!

大沢さんの英語に関する経歴として過去に出演したテレビや映画は、どういったものがあるのでしょうか。

 

まず有名なところでいったら2012年、2013年にNHKで放送されたドキュメント「南極への旅」「北極への旅」で、現地住民と通訳なしで英語で受け答えしていました。

 

こんなシビアな気温や状況における環境の中でも普通に英語を話せていたことからも、きっと英語力は思っている以上に高いでしょうね。

 

そして、それ以前の1990年代に昔でいうとこのバックパッカーのバイブル書「劇的紀行 深夜特急」の映画にも出演していました。

 

この頃は、まだあどけなさもあって特に英語に力を入れていた時期でしょうね。

 

また最近だと2015年に公開映画「風に立つライオン」でも、とてもきれいで流暢な英語を話しています。

 

この映画はケニアの熱帯医学研究所で働く医師として英語を話す役なだけに、まさにその責任を全うするかのように、しっかりとした伝わりやすい英語を披露していました。

 

特に日本語での熱い思いを英語で穏やかに表現する場面なんかは大沢さんの医師としての優しさや頼もしさが、よりリアルに伝わってきましたね。


また、さだまさしさんの情緒感のあるしびれるような歌声が背景と共にあるだけに、とてもこじんまり感動する映画でした。

まとめ

大沢たかおさんの英語にネイティブからの厳しいコメントもありましたが結果として言えば十分に英語が堪能な俳優さんですね。

 

ファンの声も絶賛でした。

 

元々は旅行好きということからも現地で生きた英語を学ぶことを大切にしているだけに英語に向き合う姿勢が本気なのもわかります

 

フカ子
フカ子

そりゃあ践的な英語勉強法に行きつくね

 

にもかかわらず週2回の英会話レッスンも国内でやっているだけに、それだけ言ってしまえば英語がそもそも好きなんでしょうね。

 

フカ子
フカ子

今や英語が堪能な俳優さんの一人どころか世界をリードするトップエンターテイナーMr. Takao Osawaって感じだね

俳優
スポンサーリンク
fuka-topiをフォローする
スポンサーリンク
フカトピ

コメント